早い物勝ち

特許というのは、先に申請した人が有利になり、後から申請しても受け付けてもらえません。
それが例えどんなに優れている内容でも、特許申請に関しては早い者勝ちになってしまうのです。
ですから、特許はどんな内容であっても人より早く申請をしておいた方が良いのです。
もし、特許の申請を使用と考えているなら、まずは同じ内容の特許が既に申請済みでないかを調べる必要があります。
日本では先願主義が特許法に基づいているので、これが覆らない事には、早い者勝ちシステムは続くのです。

特許申請には、自分で行う場合と特許事務所などに代行をお願いする場合の2種類があります。

特許事務所に代行を依頼する場合は、専門的な知識を持った弁理士が全ての手続きを代行してくれるので、費用は掛かりますが面倒な作業は必要ありません。
一方、自分で特許申請に関わる手続きを行う場合は、全てを一人で行わなくてはならない為、費用は掛からないですが時間が掛かります。
費用を取るか時間を取るかのどちらかを選ぶ事で、どんな人でも特許申請を行う事は可能です。

ただし、注意しなければいけないのが特許の申請をしたからといって100%通るという訳ではありません。
特許内容によっては、申請が認められない場合も考えられるので、それを良く理解した上で申請をしなければいけません。

おすすめリンク

国内で最大クラスの特許申請サービスはこちらにあります。知的財産を守る為に必要な手続きと登録を支援してくれる専門機関です。